当サイトについて

糖尿病の症状、治療、予防法や改善方法まで、
糖尿病の改善に向けて理解を深めるサイトを目指します。
専門医師はたったの400人しかいません。

高血圧、糖尿病は国民病とも言えるほど身近な存在です。
日本人の2~3人に1人が高血圧、糖尿病患者と言われており、
その数は約4700万人に上ります。


続きを読む →

「インスリン」が分泌されなくなる

糖尿病は、「インスリン」が分泌されなくなる病気です

さらに時代が進み、なぜ、血糖値が高くなるのか?の原因が調べられました。こうして見つかった物質が「インスリン」です。
インスリンという物質が、膵臓でつくられていること、食事を取ると血糖値が空腹時と比べて上昇してくること、膵臓から血液中にインスリンが分泌されるこ と、インスリンの作用で血糖値がだんだん低下していくこと、空腹時の血糖値にもどると、インスリンの分泌が低下することがわかりました。糖尿病はインスリ ンが分泌されなくなる病気だったのです。

糖尿病の方は、血糖値が空腹時より上昇しても、充分な量のインスリンが分泌されないため、血糖値がさがっていかないのです。そして、充分に血糖値が低下しない(できない)状態で、次ぎの食事をするので、更に血糖値が上昇するという悪循環を繰り返しているのです。

糖尿病はインスリンの効果が悪くなる病気です

よく調べてみると、インスリンは分泌されているのに血糖値が低下しない方がいることがわかってきました。特に、肥満の強い方によくみられました。
そこで、インスリンが分泌されているのに、なぜ血糖値が低下しないのかが調べられました。そして、インスリンの効果が悪くなっていることがわかりました。インスリンが分泌されていても、思うように血糖値がさがらないのです。これを「インスリン抵抗性」と呼びます。
さらによく調べてみると、インスリンの働きを阻害するホルモンが、身体に過剰に蓄積した脂肪組織からでていることがわかりました。

例えば、普通の方では、インスリンが「100分泌」されると、血糖値が40低下するのに、糖尿病の方では、インスリンが「100分泌」されても、血糖値が10しか低下しない、つまり、インスリンの効果が4分の1程度に低下しているのです。

糖尿病は、「インスリンの分泌低下」と「インスリン抵抗性」が混じった病気です

こうして、糖尿病とインスリンが関係していることがわかりました。そして、日本人は、元来インス リンの分泌力が西洋人と比較して少ない(弱いこと)がわかってきました。インスリン分泌が少ない(弱い)ことがベースにあり、食事の西洋化(白砂糖の過剰 摂取)で、肥満がふえたこと、西洋化した食事のため、インスリンの分泌が今まで以上に必要になったこと、肥満のため、インスリンの効果が悪くなること、都 市化にともない運動量が極端に減少していることが重なり、日本人では糖尿病の方が急増しています。そして、ほとんどの糖尿病の方では、「インスリン抵抗 性」と「インスリン分泌低下」が混在しています。糖尿病の治療においては、炭水化物(糖質・白砂糖)の摂取量を減らして、インスリン分泌の負担を減らして あげることが必要(重要)となってくることがわかりました。

出典:新板橋クリニック