当サイトについて

糖尿病の症状、治療、予防法や改善方法まで、
糖尿病の改善に向けて理解を深めるサイトを目指します。
専門医師はたったの400人しかいません。

高血圧、糖尿病は国民病とも言えるほど身近な存在です。
日本人の2~3人に1人が高血圧、糖尿病患者と言われており、
その数は約4700万人に上ります。


続きを読む →

薬物療法の流れ

食事療法と運動療法を行っても血糖コントロールが不十分な場合、薬物療法を併用します。

薬物療法には、飲み薬とインスリン注射薬、GLP-1受容体作動薬などのインスリン以外の注射薬があり、従来は飲み薬の効果が弱い場合にインスリン注射薬を使用していました。しかし現在では、早い時期からインスリン注射を使用して、血糖コントロールを良好に保つ方法も積極的に行われています。

インスリン注射薬と飲み薬を一緒に用いたり、インスリン注射薬から飲み薬に変える場合もあります。

早期インスリン療法

インスリン療法は、健康な人と同じ理想的なインスリン分泌パターンを再現できる方法です。最近では糖毒性をとり除くために、早期からインスリン注射薬を使ったり、また、脳卒中や心臓病の予防効果を期待して比較的軽症の糖尿病にもインスリン注射薬を用いる場合があります。
このように、インスリン療法は糖尿病治療の最終手段ではありません。
2型糖尿病の場合、一度インスリン療法を始めてしまうと一生続ける必要があるというのは誤解です。
主治医にインスリン療法を勧められたら積極的に受け入れるようにしましょう。

糖尿病治療薬の作用

糖尿病の薬はいずれも「インスリンの作用不足」を改善し、血糖値を下げる作用があります。

糖尿病の薬にはインスリン分泌量を高める薬やインスリン抵抗性を改善する薬、そして不足しているインスリンそのものを外部から補うインスリン注射薬など、さまざまなタイプがあり、病状に合わせて1種類または数種類の飲み薬やインスリン注射薬、GLP-1受容体作動薬などのインスリン以外の注射薬を組み合わせて用います。

自分が使用している薬の作用や特徴をきちんと理解し、薬の服用または注射を忘れないように気をつけましょう。

薬物療法時の注意

ポイント1. 低血糖が起こったら

薬の作用により血糖値が70mg/dL以下になると低血糖症状が起こります。低血糖の兆候や症状があらわれた時は、すみやかにブドウ糖や砂糖をとるようにして、きちんと対処することが大切です。

低血糖の主な症状

  • 強い空腹感
  • 動悸がする
  • めまい、目がちかちかする
  • 手が震える
  • 冷や汗が出る
※低血糖症状が起こる血糖値には個人差があります。

低血糖時の対応

砂糖や糖質の入った清涼飲料水などを携帯し、低血糖が起こった時は、すみやかに糖分をとりましょう。
α-グルコシダーゼ阻害薬を服用している場合は、砂糖ではなくブドウ糖をとるようにしましょう。

ポイント2. 勝手に薬を中断しない

糖尿病治療では、飲み薬やインスリン注射薬、GLP-1受容体作動薬などのインスリン以外の注射薬を自分で勝手に中止してはいけません。薬を突然中止すると、高血糖による意識障害や昏睡を招くことがあります。また、かぜなどの病気の時は体に余分なストレスがかかり、普段より多くのインスリンが必要となり、高血糖になることがあります。

ポイント3. わからないことは主治医に相談

治療でわからないことなどがあったら、自己判断をせず、必ず主治医に相談しましょう。

出典: Eli Lilly Japan